FC2ブログ
~映画やTVなどのお気に入りの場面を綴ったブログ~ since April, 2010
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
file:067 スーザン・ジョージ

sj_main.gif
Move the mouse over the image!


actress: Susan George
title: わらの犬 / Straw Dogs
category: アメリカ映画 (1971年、20th Century Fox)

situation: 昔の恋人・チャーリーに迫られ、関係を持ったエイミー(スーザン・ジョージ)。
      その直後、チャーリーは仲間のノーマンが忍び込んできた事に気づく。
      銃で脅され逆らえないチャーリーはエイミーを押さえつけ
      ノーマンは背後からエイミーを陵辱する。

note: 露出も無く細かいカット割のシーンですが、声や表情が sensual!!
   「アナルファック?」の真偽については後ほど!
    
got from: Amazon.com(輸入DVD)
        “The Criterion Collection (Uncut Version)”

 

********************************


more info:

sj-tn1-001.jpg  * 夫・デビッドと自分の故郷に引っ越してきたエイミー。
   奔放なエイミーは冒頭のシーンからノーブラで登場し
   街の人々の好奇の目を集めます。



sj-tn2-001.jpg  * 研究に没頭する気弱な夫・デビッド。
   美しくも幼くて奔放な妻・エイミー。
   少しずつ2人の気持ちにすれ違いが生じてきます。



sj-tn3-001.jpg  * 最初の露出シーンも2人の口論から。
   シャワーを浴びようとするエイミー。
   デビッドの注意を無視しカーテンを閉めずに
   服を脱ぐ姿を街の若者たちに見られてしまいます。


sj-tn3-002.jpg sj-tn3-003.jpg sj-tn3-004.jpg
   夫への当てつけなのか、見られたことに気づいても平然としています。

sj-tn4-001.jpg  * そして冒頭で紹介したシーン。
   チャーリーはデビッドを狩猟に連れ出し
   その隙にエイミーの家を訪ねます。
   夫との不和のせいか、家に入れるエイミー・・・。


sj-tn4-002.jpg  * やがて迫ってくる元カレのチャーリー。
   最初は戸惑いながらも受け入れるエイミーでしたが
   顔を殴り服を引き裂く暴力的なチャーリーに
   必死に抵抗しますが・・・


sj-tn4-003.jpg sj-tn4-004.jpg sj-tn4-005.jpg

* 最後は自らしがみつき、チャーリーを受け入れてしまいます。
sj-tn4-006.jpg sj-tn4-007.jpg sj-tn4-008.jpg
   「強姦か?和姦か?」の議論?もありますが、完全なる“和姦”です!

sj-tn5-001.jpg  * チャーリーが果て抱き合う2人。
   そこにこっそり忍び込んできたノーマン。
   エイミーに対する感情ゆえに拒むチャーリーでしたが
   銃には逆らえず、仕方なくエイミーを押さえつけ・・・


sj-tn5-002.jpg sj-tn5-003.jpg sj-tn5-004.jpg

* アップの表情をつなぎ合わせ、複雑な感情を表現しているレイプシーンです。
sj-tn5-005.jpg sj-tn5-006.jpg sj-tn5-007.jpg


   監督は“バイオレンス映画の巨匠” サム・ペンキンパー。
   最初は「アナルへの強姦」という構想でしたが
   スーザン・ジョージが降板を訴える事態となり
   「背後から襲われる」という設定のみにしたそうです。

   よって、このシーンは解釈任せ! 声や表情は“アナル”に受け取れますが・・・


sj-tn6-001.jpg
  4歳からTVドラマや映画に出演しているそうです。
  映画「おませなツインキー」(1969年)では
  キュートな小悪魔系の女優でしたが
  1971年「わらの犬」以降の作品では
  ヌードや濡れ場を演じているようです。


sj-tn6-002.jpg  “アイドル”時代の画像です。
  “The Strange Affair”(1968/ Paramount Pictures) では
  全裸シーンがあるとの情報も!
  ただし、バストトップの露出はない模様・・・



   以下の作品では濡れ場を演じているようです。
   未見なので情報のみを提供させていただきます。

* 「恐怖の子守唄」(Fright、1971年、Fantale Films)
    脱走した精神異常者に襲われるベビーシッター役らしいです。
    露出の度合いは??

* “ Mandingo”(1975年、Paramount Pictures)
    夫の留守中に使用人との快楽に溺れる人妻役の模様。
    露出あり!

* 「ゴースト・イン・京都」(The House Where Evil Dwells、1982年、MGM)
    霊にとり憑かれ浮気をする人妻役?
    “Dailymotion" で動画を観ましたが・・・
    露出はしているものの、イメージ映像っぽい濡れ場です。
    「服部まこ(真湖)」のヌードもあるらしいです。


   興味のある方は映像をお捜しになってみてください!


postscript:

kb-tn7-001.jpg
  「わらの犬」のリメイク版が製作中とか。
  予定では2011年秋公開。
  女優は “ケイト・ボスワース”(Kate Bosworth)とのこと。
  “レイプシーン” をどのように演じるのでしょうか??







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2011-05-03 Tue 16:11
別窓 | Foreign Films
| My Sensual Pleasure |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。